青色7号

思ったこと考えたことをひっそりこっそりそろそろと

赤い実ぐしゃり

お題「ガチ恋」

 

ナナサンのガチ恋は中2。子供だったね。そしてなんか周りも巻き込んで奇妙な三角関係?四角関係に発展していた模様。

もう、これが私の初恋、と思っていたら、なんともっと鮮やかに心を奪っていったヤツがいた。これが高1から高2。

焦がれるように片思いをしました。そして、片思いのまま、何も始まらずに終了。でも、見てるだけ、会えるだけで幸せ、というレベルのおめでたい頭になったのはこの時が初めて。

そして、中途半端というかあっけない幕切れを迎えたのでかなりダメージが大きかった。

そんな波乱万丈?な恋を経験。

ほんとはもっと、ドキドキしながら一緒に下校したりしたかった。うん。

 

そして、ガチ、という意味では、ソウサンとの付き合いだってガチ。中高の燃えるような片思いではないし、そもそも始まりもソウサンの片思いから始まってるし、もうドキドキ感もないけれど、ちゃんと真剣に付き合ってきた。

いいところも悪いところもお互いたくさん知っている。

ナナサンの気性の荒さ、容赦の無さについて来られるのもソウサン位。

もし、あの時の恋が今成就しますよ、と選ばされてもきっとソウサンを選ぶんじゃなかろうか。

偏屈でヌケサクの数学オタクだが。

そんなこと言ってたら

偏屈で社会不適応者の論理ゴリ押し本の虫、と言われるに違いない。