青色7号

思ったこと考えたことをひっそりこっそりそろそろと

所詮

更新ペースが1週間に1回くらいになってきたナナサンです、こんにちは。

更新頻度あげようと思ったところで、本人に出来る範囲でしか上がらないのですね(しみじみ)

 

読書記録も何となく溜まっている気もするし、鉄道の話もしたいし、勝手に邪推コーナーもご無沙汰だし。

読書記録は、特記事項ない本だったら箇条書きに留めます、たぶん。

ソウサンと、ベルギー奇想の系譜を見に行ってきました!

もう、楽しい!ヒエロニムス・ボスもブリューゲルマグリットも大好きな画家だから、1箇所で見られるってもう夢の空間。

奇想の空間でした。

あ、会場内、かなり室温を低く設定しています。(初期の作品保護のため)

会場内でブランケットの貸し出しも行なっていますが、ご自身で何か1枚羽織れるものを持っていくのをお勧めします。

書き込む用の鉛筆とボードは受付の方に言えば貸してもらえます。

 

オススメのお土産は、トートバッグ。値段の割に生地がしっかりしていて、底にマチも付いています。だけど、変な生き物の絵も描いてあります。そこが魅力。

図録買おうかなという人に朗報です。トートバッグとセットで売っています。

セットで買うと、トートバッグ100円安くなります笑

ナナサン、買いました笑

ベルギーのワッフルも売っていたので、興味ある人はぜひ。

きっと美味しいですよ。

ナナサンは買っていません笑

 

物足りなかったことが。

パネルの解説が残念です。そして、図録が少し小さい。それだけ。

 

でもそれを差し引きしたって、十分に楽しい展示です。

人混み大丈夫でお買い物とか好きな方は帰りに渋谷を楽しめます。

オススメです。このままボスだけ、は作品があまり残っていないから難しいだろうけど、ブリューゲル親子展とかもやってほしいな。

 

さて、人混み苦手なナナサンは展示を見た帰りにどうしたのか。

渋谷を楽し……むわけなかろう。

京王線乗り潰しに出掛けました。

意外と京王線の縄張りって広くないのね。長さはあるんだろうけど、流域面積が狭い川みたい。支線の数が少ない。

そんなこんなで早々に壁にぶち当たりましたとさ。

その話はまたいつか。