何度も見る

同じ夢を何度も見るタイプです。

トラウマをほじくられる夢から、よく分からないへんてこな設定の夢まで。

 

今日はその変な夢について書きます。

 

歯が抜けます。

皆さん、乳歯から永久歯に変わったのを覚えていますか?まさにあんな感じです。

グラグラして、抜ける。痛くもなんともない。

グラグラしてる最中って気になって舌でいじってみたり、歯をひっかけて遊んで余計ぐらつかせたり。

ナナサンはそういうことをしていました。最後の方はぐらっと来てからその日のうちに抜いてしまっていました。

そんな実体験は置いといて。

 

そんな夢を見るのです。抜ける場所も決まっています。左下の犬歯。

ただ、実体験と違うのは、永久歯だということ。永久歯だからもう新しい歯は生えてこないのに抜いてしまうんです。で、残った歯茎の感触が妙にリアル。

目覚めるきっかけはよく分かりません。別にとんでもない恐怖に襲われるわけでもない。まぁ、どうしようかと思うくらい。

いつの間にか目覚めていて、歯が生えているのを確認して、それで終わり。

怖いわけでも何でもない。まぁ強いていうなら段々抜いてはいけないのに抜いてしまう、という感覚が夢の中で強くなっているから、異様な後ろめたさとともに起きるくらい。

毎度同じ場所が抜けるのもなかなか興味深い。

 

実はナナサン、歯がコンプレックス。歯が最初に生え変わるのが遅かったため、歯並びが微妙にいびつ。前歯とか引っ込んでるからね、前歯の癖に。

昔から歯の質だけは妙に硬いみたいだけど。

そういったことがそういう夢を見せているのかもしれない。

きっと歯ぎしりでもしてるのかもしれない。食いしばる癖もあるみたいで、虫歯じゃないのに奥歯が欠けてるとかあったし。

 

大切にしようね、自分の歯。

 

なーんて6月らしいことを書いてみる。