考察

はい、久しぶりにやってきました、ナナサンの邪推コーナー。(ドンドンパフパフ)

今日はこちらを邪推したいと思います。

※あくまで邪推です。根拠は大してありません。悪しからず。あくまでナナサンの想像です。

 

YUIの「es.car」です。

スピッツじゃありません、YUIです。

ナナサン、この曲好きなんです。

さぁ、始めようか。

 

キーワード:蜃気楼・ごめん

 

まず1番。普通のデートですよね。女の子が男の子に片思いしてる風景。

ここで最初に蜃気楼が出てきます。蜃気楼は重要なテーマになっているので後述します。

 

2番。

恋人の定番スポットで「そっとオマジナイをかけるわ ごめん 恋してる」

ごめん、がミソ。何で謝るんでしょうか。1番では「たぶん 恋してる」なのに。

恋をしていることにごめん、なのでしょうか。恋をするのは人の自由です。謝らなきゃいけない筋合いはありません。「たぶん 恋してる」これでいいじゃないですか。

じゃぁなぜごめんなのか。

オマジナイを掛けたからです。オマジナイは一体何だったのか。

「片思いのあの子と結ばれますように」が、後ろめたくなる状況とは。

そう、そのオマジナイの裏に「あの子が彼女と別れますように」が隠れているから。

ここから見えるのは、女の子が彼女持ちの男の子と一緒に江の島デートしているということ。

彼女持ちの男の子、彼女とすれ違ってるのかもしれない。で、女の子との距離が縮まっているのかもしれない。

サビです。

「サラサラの髪 流れる人に 視線気にする 心配だわ」

彼女さんはサラサラロングヘア。彼女に内緒で江の島デートしてるから、彼女にバレないか内心心配しているのは二人同じ。彼女に似てる人がこっち見てるんじゃないか、見つかってしまったんじゃないか。

 

Cメロ

「もうHappyだね そうHappyだね」

頂上で気持ちのいい風が吹いて、二人だけになったような気さえする。

うん、とても幸せなデート、そう、幸せな、はず……?

 

ここで、隠し玉、蜃気楼について。蜃気楼はご存知ですか。

密度が違う大気中を、光が屈折することで地上や水上の物体が浮き上がって見えたりする現象です。

 

つまり、蜃気楼は「そこにあるはずのないものが見えてしまう」んです。

大気の密度によっては、像が「逆さま」に映ることもあります。

大気の「密度が異なる」んです。

 

現実に(今は)あるはずのない、彼と恋仲になって江の島デート。

現実は彼女ではなく、もしかしたら2番目。

逆さまなのは、私と結ばれますように⇔彼女と別れますように

そして、Happyだね、と言い聞かせてる心

想いの密度が違うのは、彼と彼女?彼とワタシ?

そんなこと思いたくない。彼の隣で笑うのは私。それが蜃気楼、なの?

 

ただ、実際に鵠沼あたりで蜃気楼が見えますし、芥川龍之介も題材にとっていますので、蜃気楼にここまでいろんなものを託したとは思いにくいですが。

邪推だから続けます。

 

曖昧なThank youは、誰の言葉だったのか。

山頂で、女の子が告白したのかもしれない。想い極まって泣いてしまう女の子に、別れ際にありがとうという男の子。このありがとうって、

告白してくれてありがとう(脈なし)?

ありがとう、付き合おう?

今日の外出付き合ってくれてありがとう?

どれにも取れる曖昧な言い方をした男の子。

 

あるいは、女の子かもしれない。

誘ってくれてありがとう(また誘ってよ、彼女いるの知ってるけどデートしたい)。

告白聞いてくれてありがとう。

 

ナナサンは、両方言ったのだと思います。

皆さん思い出してみてください。

「ありがとう」に呼応する言葉は「どういたしまして」ですが、実際に使う時ってこうじゃないですか?

「ありがとう」「いえいえ、こちらこそ(ありがとう)」

これじゃないかとナナサンは考えています。

お互い曖昧なままありがとうを交わして、解散

さぁ、ここからどうなっていくのか、といったところです。

 

長くなりましたが今回の邪推はここまで。

何度も言いますが、これはあくまで邪推です。知識等々うろ覚えなところもあります。実際の解釈もきっと違うと思います。

「でも、こうも読めるよね」「こんな邪推があるのか」程度に思ってくださったら幸いです。

また、ピピッと来るものがありましたら邪推コーナー始めますので、その時はお付き合いください。

ここまでで約1750文字。原稿用紙4枚を超えました(笑)

それでは。

広告を非表示にする