青色7号

思ったこと考えたことをひっそりこっそりそろそろと

笑い事じゃない

何で昨日の夜中に、「明日は5:30に起きて、今日の作業(片付け)の続きをしよう!」と意気込んだのか。

そして、何でクソ真面目に5:30に起きたのか。

洗濯してゴミをまとめて、結局少し寝ました(笑)

まぁおかげで起きたらスムーズに掃除機かけられましたが。掃除機かけたらすぐに洗濯物干せましたが。

掃除機のフィルターもお掃除。

おかげで充実はしてた。明日ぐうたら過ごすための準備は整えた。

そもそも何で昨日の夜中に作業を始めたのか。

ナナサンの体調は夜の方がいい、というのが大きいが、引き金は本だった。

今日本を買ってくるべく、読みかけだった小説を読み終えた。

それを、本棚の前を占領してる段ボールの上に積まれている読了本の山にいつものようにポンと積んだ。

ら、崩れた。

寝床が占領されてしまった。

えー、どうしよう、積み直すのかよ、いやそもそも、この本棚の前にある段ボール(中身は専門書)があるから、本棚の一番下の一角に本がしまえない、だから山ができ、崩れたんじゃないか、とまともに考えて、段ボールを別の場所に動かして、本棚に無事収納を果たした。

段ボールを動かす予定地にあった不用品をばんばんシュレッダーして、「あー」を連発。

その頃には深夜になっていたので掃除をするのは躊躇われ、冒頭の思考回路に行き着いた。

この間、本結構売ったんだけどな?おかしいな?

売って、空いた本棚のスペースは既に満員御礼になりつつある。

だけどやめられない。

深夜に物をどんどん捨てるのが好きなナナサンでしたとさ。