大体そう。

お題「一気読みした本」

 

どうも、飲み物を冷蔵庫ではなく冷凍庫に突っ込む季節がやってきたナナサンです、こんばんは。

 

一気読みした本……

大体ナナサンは本は一気にばーっと読みます。

世の中の平均速度より少し速いくらい。で、読む時期と読まない時期にかなりムラがあります。

大体同じ作者の本を一気に消化していきます。

文庫本1冊大体1日で読むので、一気も何もないというのが実情。

シリーズを一気読みしたという縛りだと、戯言シリーズ

昔の友人が、一緒に語りたいから、そして試験勉強の妨げになるから、と言ってナナサンの部屋に当時の既刊はすべて置いていったのが始まり。

部屋に帰ったら戯言シリーズを読む以外何もしない試験週間の幕開けでした(笑)

もちろんそのために放課後しっかり勉強してました、おしゃべりしながら。

その時に文字通り一気読みしました。

またこの間みたいにばーっと一気読みしたい。

なかなか、これという作品が見つからない……。