最近の夢見

妙にリアルな夢を見ます。

だから、現実にあったことと記憶が混同することも。

あれ?この話って夢の中で聞いた話なんだっけ?とか。

で、大体、そんなに見ていたくない内容の夢。

目覚めて二度寝してもそんな感じ。

 

今日は思わず飛び起きました。

以下、内容。

友人と一緒にいました。

少なくとも鉄道撮影の予定ではなかったようです。

だけど、何だか運がよくて、たまたま好きな車両が通りかかります。

だから、急いでカメラを出して、ピントも合わせてシャッターボタンを押すのだけど、まったく切れない。

「あれ?」と何度も挑戦してる間に鉄道は通過していきます。

カメラの調子がおかしいのかな?と思い、他の物を撮影するのだけど、それはいつも通り撮影できます。

そうこうしているうちに、また撮りたい車両が。

今度こそ、と思いカメラを構えるも、やはりシャッターが切れない。何度ボタンを押してもだめ。

こんなことが3、4本起きました。

ついにナナサンがキレてしまったのです。

声を荒げて、カメラを床に思いっきり叩きつけました。

それなりに重さがあるからかなり手応えがあって、スッとしたのを覚えています。

しかし怒りは収まらず、叩きつけて歪んでしまった部品を無理やり外し、これでもかというほどに壊していました。

そこで目が覚めました。

怖くなって、カメラが無事か確認しました。しばらく抱えて座り込んでしまいました。

今使っているカメラは初めて自分で選んで買って、名前まで付けました。お手入れもカスタマイズも進化させよう、レンズも増やしていきたい、これから長く使っていくミラーレスだ、と思っていたのに。

確かに思うような写真が撮れなくて悔しい思いをしたことだってあります。

でもそれはカメラのせいじゃなくて、自分の技量が及ばなかったせい。カメラの能力を最大限引き出せなかったせいだと分かっているのに。

夢は夢だって分かっています。だけどショックでした。

あんなに可愛い、いとおしいと思っているのに。

手荒な真似をしてごめんね。へっぽこユーザーでごめんね。

一向に上達が見られないのも分かってる。それでも君に付き合ってほしいんだ。

なんであんな夢を見たんだろう。

悲しかった。

確かにナナサンは短気でせっかちでいらちだけど。

夢でここまでショックを受けるなんて、久しぶりだな。

うなされる方が慣れている分いくらかマシなんじゃないかとすら思いました。

夢を見ずに寝られたらいいのにな。