自活

って、案外大変なのかもなぁ。

仕事して、そのお給料で自分で生活していくっていうのは、なかなかに。

生活って、最低限だけじゃなくて、趣味にもお金使ってっていうもの含めて。

いろんなことを考えてしまう。

 

こうやってとりとめもなく書いているこのブログ、以前にお話しした通り、何日継続して記事を書いているかカウントされています。

で、たまたま結構日数続いてまして、だから、書かない日を作りづらい。

そうすると、また、1からでしょ?そうすると本格的に放置してしまうんじゃないかなって思うのです。

きっと、この「ここまで続いちゃったから、サボるのもったいないな」っていう貧乏性が自分のいろいろに災いを及ぼしてるんだろうけど。

だって、途切れちゃったらまたそこから続ければいいじゃないって考えられれば、書くことない日は書かないっていう普通の選択肢出来るもん。

 

書いていたら書きたかったこと思い出したので書きます。

スペックやスキルと、癒されるかは別物だな、と思いました。

どんなに脳みそとか持ってるスキルが高度で希少価値が高い人でも、一緒にいて癒されないと、ずっと交流を続けるのはしんどいんだろうなと。

別にそれはその人が悪いわけでもなんでもなくて、たまたま相性というか波長が合わなかっただけ。

でもきっとその分気持ちの相性って大事なんだろうな。

高校の同級生に会いたくなっているナナサンでした。