青色7号

思ったこと考えたことをひっそりこっそりそろそろと

引き換え

自分のアイデンティティのような塊が少しずつ削られていて、それと引き換えに寿命を延ばしている。

じゃぁ、その寿命を引き換えに、今私は何を得ているの?
よく分からなくなる。

仕事できないって恥ずかしくないのかな。
自分のせいで他の人が怒られてたら嫌じゃないのかな。
いたたまれないとかないのかな。
逆に、少し年数あるからって、小さいことまであーだこーだ。人が言うのは気に入らないけど、自分は指摘し放題。そりゃ実力はありますけどね。
主のような顔して、その時の機嫌で言うこと変わる。
自分の勘で疑い無くものを言う。
ヘルプで仕事入って嫌な思いをしなきゃいけないって何?
自分の担当じゃないから手を出すな、って言われてるのに把握してなきゃいけないとかおかしいよ
残念ながらナナサンはそんな偉くないんで。下っぱなんで。みんなそういう扱いしてるじゃない。
お給料だって下っぱですから。
みんなを把握するのは偉い人とか主みたいな人がやってください。
お金もらってんでしょ?ナナサンの倍くらい余裕で。

不思議だよね。不思議に思うナナサンがいけないのかなぁ。
自分が気にしすぎなんだろうけど。
分かんない。分かんないや。

ナナサンの寿命ってあとどのくらいなんだろう。
平均寿命までは生きられない、たぶん。
寿命を削って得てるものはなんだろう。
別に長く生きたいと思わないけど、でもそんな大したことないものを得るために、嫌な思いをするために、わざわざ寿命を捧げるほど、余裕はない。