青色7号

思ったこと考えたことをひっそりこっそりそろそろと

時刻表

前記事で少々薄気味の悪い小話を書いてみました。

発想、こういうのばっかりだな、と苦笑しています。まぁ、いいか。

 

さて、日常ネタに戻ります。

ここででてくるイニシャルは仮名です。本物のイニシャルではありません。

今日、係でバスの路線図の話になりました。

Rさん「あれ?毎年、誰かほしいとか言ってる人いなかったっけ?」

ナナサン「はいっ!あたしです!」

RさんYさん「でも、ナナサンバス乗らないよね?(笑)」

ナナサン「あ、まぁ、はい(笑)」

Rさん「まぁナナサン路線図オタクだからね」

Yさん「そうなの?!」

ナナサン「いや、そういうわけではないんですけど、まぁ…(笑)」

 

ナナサンは乗り物酔いします。本人もびっくりするくらい。

路線図をもらうのは学生時代の名残です。

それほど頻繁に使わなくなってからも、乗り鉄お散歩とかで微妙に活躍します。

路線図オタクですが、バスは射程圏外です。

確かに、時刻表よりは路線図のが好きなので、Rさんのいうことに間違いはない(笑)

 

そして、貨物の時刻表を、今年は買ってしまおうかと悩んでいます。

そもそも、貨物はナナサンの鉄道趣味の守備範囲に入っていなかったのですが、最近寝台列車の牽引車が貨物転用されていて、ついつい気にしてしまうようになりました。で、貨物の時刻表が一般流通してて、本屋さんで手に入るという衝撃の事実を知ることとなったのです。

貨物なんてかなり深い沼だからそこにまで手を出したら、本当に追いきれないからダメと自制していたのですが…

完全に買う方向で心は傾いています。

時刻表で調べて、駅で迎え撃つとか、最高じゃないか…!!

(そうすると、大抵乗用列車の方がホーム側を走るのでかぶっちゃうんですけどね)

駅じゃなくても迎え撃てるかもしれない…!

憧れのあの車両とかこの車両は果たして、自分の生活圏内を走っているのか分かるじゃないか…!!

(予想だと走ってないんだけどね)

 

鉄道のことを考えると、何でかよく分からないけど幸せになれるから、日本の鉄道すごいし、ナナサンの単純さにも驚く。

変態の一種かもしれない。

そんな気持ち悪さを内包して、ナナサンは今日も自分に暗示をかけている。

今夜こそ、途中で起きないで眠りたい。

おやすみ、世界。

(とか言いながら、記事更新したりするんだよね。)