心の声とか

事情を書くのは憚られるし、心の声抜粋しようと思ったけど、ブラックナナサンなので止めました。

だれも面白くないもんね。

 

調子があまり良くないようです。

また本が読めなくなりました。

どんどん他者に対して寛容さがなくなっていく。

調子が上がっているのか下がっているのか分からない。

寛解期なんて存在しない。

こうやって記事書いてるときも気が付いたら愚痴になりそう。

嫌だな、こんなナナサン。

いろんなことぐちゃぐちゃ考えないようになりたい。

 

こういう時のスピッツです、紅茶です。

何を書いたらいいんだろう。何も書かなくていいのかもしれない。

いつかナナサンが今よりもっとひどい状態になって記憶を吹っ飛ばした時、考えられなくなった時のためにメモっておこうと思ったのに、ここまでで70記事位あるらしいが記憶を取り戻すのに有益なことはなーーんにも書いてない。

きっと脳内さっぱりリセットされた新ナナサンがこのブログを読んでも、「何だこの偏屈ヤローは。」と思うに違いない。

こんな偏屈なナナサンという生き物は私じゃない、とかぬかすんだろう。

残念、きっとナナサンです。

気が付いたらブログを開設してから、1か月過ぎていました。平均すると2記事位/日のようです。気分にむらがあるから書かない時は書かないので、あまりこの数字は信用できないですが。にしても、割かし書いているのではないかと自分の過去のブログを振り返って思います。大した内容じゃないのが悲しいところだが。

お題も消化したいな。スピッツの歌のことも書きたいな。

書きたい気持ちはある。いつだって気持ちだけは前のめり。

少し元気が出た気がするから、一旦終わり。