読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばぁ

お化けといえば、「ばぁ」って言って出てくるイメージです。

 

今日のナナサンは「ラベル刷り刷りお化け」でした。

文字の通り、黙々とラベル印刷していました。楽しかったです。

 

ウィーン、ピッ、スコー、ガー、べろーん、ピピピッピピピッ

の繰り返し。

 

「あ、オレ?」同時にプリンタを使っていた係長。

「いえ、私(のジョブのせい)です」専用の用紙を補給しに行くラベルお化け。

ちゃんと印刷されてる資料は係長に渡すお化け。

 

「え、もう印刷してるの?w」隣の係の人

「はい、他の係の方も印刷するときに邪魔になっちゃうかなと思って」

いい子ぶるラベルお化け。

内心「早く刷ってみたい。練習はばっちり済んでるぜ。専用の用紙気になる。用紙来たーーーーーー!!!」

我慢できなかっただけ。なのにとっさに理由を付ける嫌なお化け。

それも表情変えずに、さもそう思ってます、みたいな顔するお化け。

 

全部一通り刷り終わって、パラパラ確認してる風なラベルお化け。

内心「でーきたできた、ラベルができた♪」×2、「一人で刷れたぞー」

「数もおっけー。早く貼りたいんだよぉぉぉ。」

 

ここまでほぼすべて真顔です。

もはや変態の一種ではなかろうか。

黙々と作業をこなすのが好きなんです、ナナサン。

 

「でも時間が中途半端だし、片付けの時にあれこれ引き上げるものもあるからそっち手伝わなきゃ。」という謎の自制心を働かせるお化け。

よって明日は「ラベル貼り貼りお化け」です、予定としては。