滑り止めとクロスドミナンス

ナナサンはクロスドミナンス(交差利き)です。

右と左で得意な動作が半々くらいあります。

お札のようなものを数えるのは左です。

でもページや紙をめくったりして数えるのは右です。左でもできるんだけどね。

ゆえに、指サックが両手に付いています。なんでこんなに指サック付いてんだろ、って自分でも不思議。

一番大切なのは左の親指。というのも、めくるのは右左出来るのですが、お札みたいに数えるのは、左でないと出来ないからです。

今日は紙で左の親指を切ってしまったので、絆創膏を巻いていました。

その上から指サック。

はい、すっぽぬけます。

おまけに抜けたことに気付かない。

指サックから与えられる拘束感が、絆創膏によって与えられてしまっているから。そしてナナサンは鈍い。

「あっ……ない?!」(いつから無いのかすら分からん)「あ、あった……」の繰り返し。

ナナサンは阿呆です。