青色7号

思ったこと考えたことをひっそりこっそりそろそろと

バックグラウンド

で処理しているから、ここに現れてこないいろいろな思考とか感情の動きがあります。

 

たぶんナナサンは長生きはできません。

別に長生きをどうしてもしたいとか、そういうわけじゃないし、長生きできないであろうことを嘆いたり悲嘆に暮れたりということもない。

せめて両親を看取りたいという気持ちはあるけれど、でもナナサンより元気に長生きをしてくれるなら、それはそれでいいことだと思う。

話が逸れました。ナナサンは長生きできないことに諦めのようなものを持っているのだけど、スピッツの「ナサケモノ」聴くとね、長生きとまではいかなくてもそこそこには生きていたいな、なんて思ってしまうのです。

生きていたいなんてナナサンには珍しいこと思っていられるのはほんの一瞬なのだけど。

でもそういう選択肢も考えなきゃな、って思うのです。

ソウサンと昨日話していて、「ナサケモノ」みたいだなって思った。

リンクした、というかぴたりと連結された。

ソウサンにはスピッツがよく似合う。特にナナサンの思考に登場するソウサンには。

遺される者のことを思いやる切ない歌です。歌詞の全容が気になる方は調べてください。そして聴いてみてください。

 

寂しさ消してやる そんな約束したのにさ

ついに叶えられず 逝けてない屍さ