読者

というものを、未だに設定出来ていない。
特に、こんな人向け、という設定をするつもりはないのだが、ある程度想定は大切だろうと思う。

このブログの方向性自体もあまり定まっていないが、出来ることならば教育に関係するようなあれやこれや、考えたあれやこれや、趣味のあれやこれやにしたい。
おそらく運営していく上で自然と定まっていくのだろう。
在りし日の漱石のように、悩むことも今はやめておこう。

しかし、今「知ってもらいたいたくて書いている」ことは確かである。
ある日尊敬している方に教えていただいた言葉。
当時はいまいちピンとこなかったが、今このような形で実感するとは。

(漱石の読者への悩みと配慮は、かなり細やかだったと思います。)