読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

するめ

って、咀嚼するのに時間かかりますよね。 突然ですが、問題です。 無限の大きさを持つ風呂敷を畳む方法は存在するか はい、ちょっとでも数学的に真面目に考えた人 Boy's Surface 著:円城塔 をお薦めします。 はい、そんな風呂敷はない、と思った人 進んでお…

難しい

かなり難解でした。 それに加えて、今日はビックリするほど眠かったから、この記録記事を更新できないかしら、とも思いました。 昨日、三省堂で円城氏の作品を買い足しました。 なかなか生活圏内で円城氏の本に出会えないから、助かりました。 (伝説シリー…

最にして高という話

なんだ、このタイトルは。 いつもの語彙力不足をこじらせたまま興奮状態に陥っているだけです。 文字の通り、最高でした『さあ、気ちがいになりなさい』 星新一が絶賛し、また学ぶところの多かったであろうフレドリック・ブラウン。 星新一の訳だから彼の雰…

遠心力

によって、常識、理解の範疇から勢いよく放り出される。大気圏を突き抜けたら、あとは等速直線運動で頑張って下さい。そんなめちゃくちゃってこういうことだよ、という本を今日はご紹介します。その後に普通の(書いてあることがわかる)エッセイを一冊ご紹…

Norwegian Wood

文字通り、『ノルウェイの森』です。読了しました。 大切な人が、大切なものが、突然消えてしまわないように。 そのためにもがき苦しむ人たちの、悲しくも愛しい物語です。 何かを、誰かを大切に思う気持ちは尊いし、そこでこぼされる涙は温かい。 どうして…

金曜の夜の

心のデトックスは、スピッツの曲をたくさん聴くことです。 ₍ちなみに通勤途中はポルノグラフィティです。₎ 草野さん、テツヤさん、崎山さん、田村さん、皆さん個性がありながら、スピッツの世界を作り上げてる。 けど、マサムネさんの声に、テツヤさんの美し…

読書記録

先週の日曜日に本を数冊買ってから、読んだ本の話も更新しようと思いながら、一週間が経ちました。 その間に読了した本は積まれ続けて、今数えたら13冊ありました。 この13冊全てについて言及するのは果てしなく長い作業なので、書名と簡単な感想に留めます…