愚痴ります

盛大にぐちります。
普段のナナサンブログとは違います。
もうほんとに愚痴るだけです。

ナナサンの職場に、ほぼほぼ連日休む人がいる。
それも今日は月曜日だよ?
休み明けなんてさ、普通体調悪くても来るよ。
だって遊び疲れ二日酔いだって誤解されたくないもん。
具合悪くて休み。連日休み。

これはきっとナナサンの僻みなんだけどさ。
ナナサンは持病に加えてちょっと体質の関係で、体調がおかしくなりやすい。
だから、休みの日はしっかり休むし、無理はしない。
お腹を壊しやすいから、次の日が仕事の時はなま物とか食べ慣れないものとかは避ける。
お腹を壊しやすい体調も分かるし、頭痛が出そうだなってコンディションも分かる。
そういう時は早く寝たり体を暖めたりする。
耳鳴りめまいも、できるだけ出さないように疲れを溜めないように気をつけるし、リンパの流れや血流が良くなるようにするし、どうしてもダメな時は動かないとか。
疲れ溜まってたり体が弱ってるときにどんなサインが出るかも把握してるから、それが出たら悪化させないように気を付けてる。

処方されてる薬だって副作用と上手く付き合えるように先生と相談してるし、気持ち悪くなるから通勤途中に吐いてもある程度は間に合うように時間に余裕を持って家を出てる。

私はこんなにできてるんだよ、なんて自慢みたいなことしたくないけど、正直そういう努力がバカらしくなる。いい年した大人だよ?何で出来ないの?

ナナサンの体がこんなだから、ソウサンにはかなり制約を課してしまってる。
でもソウサンは優しいから、ナナサンに負担かからないように配慮して、時にはソウサンストップをかけてくれる。

人に迷惑かけることもあるし、ナナサンは出来が悪いけど、だからこそそういうところで職場に迷惑かけないようにしたい、って思う。ソウサンも理解してくれている。
なのに、なにそれ、って話。

はーい、愚痴るのやめまーす。

珪藻土

珪藻土って、珪藻の殻の化石が積もったものなんだって。(ウィキペディアより)

 

珪藻土のコースター、いいなと思ったナナサンです、こんにちは。

昨日、ソウサンとドンキとか家電量販店とか行って、珪藻土のバスマットとかの話になりました、確か。

共用の珪藻土バスマットいいなぁ、と。そして、コースター地味に使い勝手よさそうだな、と思っている次第。

今、麦茶オンザロックで飲んでるのですが、どうしてもマグに結露して、テーブルが濡れるんですよ。

いつか引っ越した時にでも買おう。

 

話が変わりますが、ナナサンは和服が好きです。普段の生活は洋装ですが。

着物とか浴衣とかテンション上がります。

まだ、着物で出かけたことはありません。振袖とかじゃなくて、普段着の着物で街を歩いてみたいな。東京だって着物お散歩楽しいところたくさんありそう。

京都はもう定番だよね。神社にお参りもしたいし、お洒落な和菓子屋さんでおやつを楽しみたい。

着物は見てるだけで楽しくて、それでいいと思っていたのですが、最近は着てお散歩してみたいなーなんて。

まぁ、ナナサンが着るとたぶん着物に着られてる感じになっちゃって、様にならないんだろうけど。こういう時に美人やかわいい女の子っていいなぁ、と思う。

そう思うなら相応の努力をしなさいって話だけどね。

古典柄の落ち着いた色合いもいいし、モダン柄で色もちょっと奇抜な感じなのもいいなぁ。

貝桶とのし目、絞りが好きなナナサンでした。

なんか、最近憧れ語りというか、妄想膨らむ日記多いな(笑)

 

今までの人生、あれもこれも頑張りすぎてしまったのかな、と思う。

といっても、全然成果は出ていないし、周りはもっとすごい人だらけで、私なんかは好きなことを好きなだけしかしていない怠け者なのだけど。

けど、それはもしかして、周りが化け物級揃いすぎて、感覚がずれてしまっていただけなのかなって最近思い始めてきた。

頑張ることに慣れてきちゃって、それを段々普通と思い込むようになって、でも体は蝕まれていって、限界値が小さくなってしまっているのを、怠けているんじゃないかと思うようになってしまっているんじゃないか。

そして、頑張れてないけどやりたいことはいろいろあって、けどやらなきゃいけないことは出来ていなくて、許されないんじゃないか、というジレンマを抱えるようになっているんじゃないか。

挙句、ナナサンはこじれた完璧主義だから、完璧な娘であろうとする。完璧でなくても、両親の許容する娘であろうとする。この選択肢を採ることを両親が許すには、これを頑張らなくてはいけない、そう考えるようになっている。

別にそれは両親が悪いわけではなく、たまたまナナサンの性格がそうできているだけであって、厳格な家庭に育ったとかそういうわけでもない。

こうやって書いている間も、それは、やらなきゃいけないことをやらないために正当化しているだけなんじゃないか、とか堂々巡りに陥っている。

全くもって、面倒な性格だけど、まぁ、もしかしたら、周りが普通じゃなさ過ぎて、普通の「出来ている」の感覚が狂ってるのかもしれないという考え方もあるな、と自発的に思えたことを記録しておく。

春雨

絶不調のナナサンです、こんにちは。

雨の日は基本的に体調が悪いのですが、今日はかなり悪いようです。

昨日からお腹の調子が良くないというのもあるし、夢見が悪かったというのもあるし、天気は悪いし、疲れがたまっているのか、めちゃくちゃ眠い。

円城塔の作品、読み進めているのだけど、ほぼほぼ進まない。少し進んで横になり、また目を開けて読み、横になり、の繰り返し。

朝の薬飲み間違えたのか?と疑ったくらい。

なかなか習作の着想も得られず、眠気ばかりが襲ってくる。けど、薬飲んでないから眠ることは出来ない。なんてこったい。

なんだろう、この一日を無駄にしている感。

もう決めた。今日は一日無駄にしてやろう。

 

お花見

やっとお花見してきました。

と言っても、咲いてる公園をサラッと通っただけで、別にシート敷いてお酒飲んで、っていうことはしませんでした。

でもやっと春らしいことできたかな、なんて。

前回の桜チャレンジは、そんなに咲いてなかったんだよね。

だから嬉しかった。

ナナサンの仕事は、ソウサンの仕事に比べて、季節感がありません。

まぁ一介の事務職に季節感も何もあったもんじゃないが。

そんなだから、季節を感じられると嬉しい。心が躍る。

 

因みに前記事の、得は見事に外れました。一生懸命働いてるんだからしゃーない。

得を受けるほどに、ナナサンの徳が積まれていなかった模様(笑)

それでも待ってる時間に買い物できたし、ちゃんとカメラ用のブロワ新調できたし、一人で美味しいスイーツ食べちゃったし、満足。

でもあの白玉、ソウサンにも食べさせたかったな。ちょうどいいもちもち加減だったし。抹茶と合っていて、良い!と思ったので。最初残しとこうかな、とか思ったんだけど、おいしかったので、食べちゃいました。すまん、ソウサン。今度一緒に食べよう。

カメラ、調べれば調べるほどに沼。いろんな場所に行って、いろんなものを撮りたくなる。

ついでにかわいい我がカメラに何かいいドレスアップをさせたい、と思ったが、なかなかいいものが見つからず。

それより、三脚が優先かな。

三脚は耐荷量さえクリアすれば、ソウサンのカメラも使えるもんね。

むしろ今いいなとか思ってるレンズつけたらナナサンのカメラのが重くなるからね。

夢だけが膨らんでいく。もはや妄想。

そういう妄想も日々の生活の潤いになるので大事かと、勝手に正当化しています。

べ、別に、し、衝動買いとかしてないしっ!!

家電量販店と本屋さんと家具屋さんがあれば一日余裕でつぶせそうなナナサンでした。

早起きは三文の得

ナナサンが嫌いなことわざの一つです。

子どもに早起きを強制させることを正当化するために使われるのが嫌でした。

そんなこと言われなくたって、起きますよ。

あるかもしれないなんていう不確定な、それも三文ぽっちの得でつられるとでも思ってるのか、と幼少期に反抗したことがあります。

今思い返しても嫌なガキだ。黄色い鞄を斜めにかけていた時期もあるんですよ、これでも。

「なんで、トマト嫌いなのかな?」と聞いてくる担任の先生に、

「この緑のゼリー質が嫌です」と真剣に返したら、かわいげないことを言う、とお便り帳に書かれました。

ことの真相は、ですね、この事件が起こる前の休日に、本棚から勝手に引っ張りだした何かの大人用の本に起因します。

トマトの構造が解説されていて、あの内部の緑いのがゼリー質と書かれていたから、「よく内容は分からないけれど、この緑の名前はゼリー質というのか!」と、ちびナナは誤解をし、みごと、先生に上記の返答を果たすことになるのです。

まったくもってかわいくないガキである。黄色い鞄ぶら下げててもクソガキはクソガキでした、はい。

 

さて、本題に戻ります。

なんで、そんな嫌いなことわざを持ち出したかというと、今朝、ナナサンは早起きをしました。(まぁ平日と同じくらい)

んで、掃除機かけたわけですよ。

そしたらさ、ソウサンから

「今日、早く帰れるかも!」と連絡が。

なにこれ。三文どころじゃない得降ってきた。

まぁ、あくまでまだ不確定なんですけどね。

ちょっとテンション上がったので、更新。

これで、「やっぱダメだった」とかだったら凹むなー(笑)

もやもや

何だろう、この気持ちは。

 

もやもやって、結局のところ、ギャップから生まれるんだよね。

こんなはずじゃなかったのに、思ってたのと違う、世間ってこう思うんだ…etc…

そんなもやもやの渦潮に巻き込まれています。

行き着くところは、期待しなきゃいいんだよね、っていうところ。

でも、期待しない、ということは、楽しみにするとかそういうこともしないってこと。

なんか、地獄の門の「我を過ぎんとする者は 一切の望みを捨てよ」をほうふつとさせます。

そうです、ダンテの『神曲』です。

自分で期待という感情に責任をちゃんと持てるようになれば、きっとこのもやもやの渦潮ってなくなるんだと思う。

でも今のところ、そんなに大人になれない。

 

そして、書くことが思いつきません。

ニラ玉の話は昨日書いたしね。

あまり深く考察して、分かりやすく分析は出来ないけど、今日思ったのは、

面白いことを残したり、わくわく楽しいことを増やすのに、知識は幅広いに越したことはない、ということ。

今日は新しく職場にやってきた子と初めてお話ししました。

この間一緒に帰った子とはまた別の子です。

その子も、また好きなことを堂々としっかりと語れるいい子でした。

で、その子と声優のお話をしました。

ナナサンは、声優はほとんど分からないんだけど、ナナサンの妹が声優好きなので、何となく予備知識がある状態。

助かった、と思いました。

まったく声優とか気にしたことない、だったら、そこでその子の好みとか聞けなかったと思ってるから。

もちろん声優以外にももっと話題はあったけど。

コミュ障ナナサンは、その子を楽しませるような会話は出来なかったけど、ひとまず気まずい空気は回避できました、と信じる(笑)

そんなこんなで、何となくでも知っているものがたくさんあるっていいな、とおもいましたとさ。

あの二人と仲良くなれたら嬉しいな。

こんなコミュ障おばさんに構ってくれるかは分からんが。逆に気を遣わせてしまう気がするし。

人見知り場所見知りにこの時期は大変である。

 

ボロボロ

一体何がボロボロだったのか。

それは、ナナサンの肌を埋めているファンデーションってやつだ。

一回化粧ポーチを落っことした結果、ひび割れが止まらず、毎朝開けると粉々になったファンデーションが顔を覗かせる。

もう修復してもダメだし、何よりポーチの中が真っ白けっけになってしまうので、買い替えを決意。

まともに化粧しないから大して減ってなかったのに。

 

大体化粧品は、使い切らずに古くなってしまう。

あまり顔に何か塗るのが得意でないうえに、ずぼらだから、化粧を出来る限りしない方向で考える。

といっても、化粧しなくていいほどの美貌の持ち主でもないし、ファンデーションは日焼け止めの効果もあるし、お勤め人として、とりあえず平日は毎日ぬりぬりしているわけだ。

そのファンデーションがお陀仏になったので、新品を。

いいね、気持ちいいね。いつ粉々になるか分からないけどね!

 

話ががらりと変わりますが、今日は、ナナサンはお昼にニラ玉を食べました。

ニラ玉、大好物です。副菜の中だったら1、2を争うレベルで好き。

お味噌汁の中に入れてもよし、スープでもよし、そのままでもよしの万能選手です。

ニラ玉、もやしの炒め物、きんぴらごぼう、切り干し大根、ほうれん草を何かしたもの、ブロッコリーを何かしたもの、蕪の煮物が副菜のトップを飾ります。むしろ主菜でいいんじゃないかしら。

職場近くのお弁当屋さんで、ニラ玉見つけて、即決。

これで午後も頑張れると思った単純ナナサン。

実際頑張れたから、ニラ玉パワー、すごい。

ネギ類とか、ニンニクの芽とかラッキョウとか苦手だけど、ニラは好き。

なんであんなに美味しくて食材と調和するのか。

そんな幸せナナサンでしたとさ。