青色7号

思ったこと考えたことをひっそりこっそりそろそろと

待合室

病院での待ち時間ほど無駄なものもないと思う。

本読み終わってしまう。

ところがどっこい、田舎の駅では待合室が必須である。死活問題だ。
ないと、文字通り死にそうになる。来ない電車、眠くなる意識、吹き付ける風。遭難者なのではないかと錯覚しそうになる。
どんな簡素なものでも、屋根と壁と椅子がある、それだけで随分違うのである。

さて、病院。前回の診察の時に、1/6は嫌だ、絶対混んでるだろ嫌だよもう一週薬を出せ、とごねたものの、これ以上は出せん、とすげなく一蹴されたので、再診に来ているのである。
病院もそこそこ混んではいるんだけども、何が混んでるって、調剤薬局が混んでいる。
様々な病院の患者が押し寄せている。
症例の見本市。
本当は処方箋だけ叩きつけて後日のんびり取りに来たい。が、薬がもうないし、明日から薬局は休みだ。
禁断症状で薬を取りに来るどころの騒ぎではない。

持ってきていた本も読み終わってしまって暇でしかない。暇な人間はろくなことをしない。

今年は田舎に帰らなかった。
妹は今年はのんびりと栗きんとんを食べたらしい。
そんな毎年争奪戦をしていたか?
むしろ栗きんとん、譲ってた気がするのだが。
きっと姉の都合のいい記憶改竄だろう。
競合相手がいないで、一人占めが保障されているというのは、やはり違うのだろう。
加えて松前漬けが余ったそうである。
そんなに松前漬けを私一人で食べていたのだろうか。食べてたけど、でも私がいないだけで今まで足りなかったものが余るだろうか。
どんだけとめどなく食べてたんだよ。松前漬け食べることしかやることないのかよ、と自分に突っ込みを入れたい。

こちらの家では松前漬けが出なかったので(作ってないんだから出るはずがないし、ソウサンハウス松前漬け文化はないと思うから当たり前だ)、すっかり忘れていたのである。
すっかり忘れていたくせに、母からそんなエピソードを聞いたら、途端に松前漬け恋しくなるんだから現金なやつである。現金以外の何者でもない。

松前漬け……あー……

初書。

タブレットを使って記事を書いています。

それも、付属のタッチペンを使って。

ハイカラだろう?因みにハイカラは漢字で書くと高襟です。

 

あまりにも、ペンの感度と変換が使いづらいので、一瞬で断念しました。

手書き感覚で文字を入力出来たら楽なのにな、と思ったけど、世の中そう甘くないらしい。

今年は、読んで記録がちゃんと残っている本が100冊超えていたらいいな、と思う。

タッチペン試し書き惨敗の本記事でした。

あっはっは

目の前で、ソウサンが苦戦しています。

滞ってたブログの更新を年内に終わらせようとしたものの、久しぶりすぎて、コードが書けなくなってるらしい。

パソコン二台使って、実際訪問した時の画面見ながらやっています。贅沢だな。

こういう見たまんま更新できるやつにすればいいのに。

扱ってる題材が多少特殊だから、普通のだと出来ないのかもしれない。その辺は私には分からん。

おまけに久しぶりのくせにいろいろプラグインいじってるらしい。

こんなくだらない日常更新じゃないから、書き上げるにも時間がかかるらしい。

なんてこった。傍で見ている分には面白いが、いざ自分がそういう目に遭ったら、残念ながらブログは閉鎖だ、たぶん。

 

さて、大晦日です。大晦日らしい記事を書こうと思います。

 

ラーメン食べたい。

あ、違った。

 

そばは冷たい付けそば派です。でも年越しの段になって食べるには少々、いやかなり寒い。体の中がひやりとする。ぽんぽんぺいんの危機。

でも温かいそばはそんなに好きではないジレンマ。食べられるんだけどさ、そりゃ。

 

そばと言えば、天ぷらですね。好きな天ぷらはイカとかぼちゃです。一番は鱚です。

でも鱚はなかなか気軽にひょいと食べられない。当たり外れが大きい。

最近かしわというものがあると知りました。あれおいしい。でもあれはそばよりうどんに合う。

と、いうわけで、やはり年越しそばにはエビが似合う。最後くらいちょっと贅沢な天ぷらを食したいのだ。

 

大晦日って、何してます?この時間ほど国民みんなが揃いも揃って何してるか明確に分からない時間も珍しいと思います。

今年はガキ使を観るらしいです。(ソウサン談)

 

そんな我が家は、無事に年越しそばにありつけるでしょうか……

 

お怒り心頭に

いやぁ、お怒りなんですよ、私が。

私の傍若無人ぶりにソウサンが怒った訳ではないのであしからず。

 

フィッシングサイトにエンカウントしたんですわ。

別に引っかかってない、エンカウントしただけ。

それも、ショッピングサイトでもなければ、アダルトサイトでもなく、強いていうなら、書評のまとめサイト、確か。

次に読む本を探していて、いろいろネットサーフィンしていてそのサイトにエンカウントしてしまったわけ。

いきなりウィンドウがポップアップしてきて、中身が破壊されたから復元するためにクリックしろ云々。

ありがちなやつ。おかげでブラウザのアプリ自体も強制終了掛けようとしたものの応答せず、一度シャットダウンする羽目になったのだが。

またさ、何が腹立つって、「ピ!」と大きな音が鳴る。

ナナサンも別にそういうポップアップにエンカウントしたことならスマホであるから慣れているが、音付きは初めてである。

何って、そもそもそういうサイト自体絶滅すればいいし、そういうことする奴は7代先まで呪われればいいと思っているが、音が付いてることがさらに腹立つ。ピ!とか言わせとけばビビると思ってんのか。

まぁ多少は驚くが、別にその後の行動は大して変わらない気がする。

どういうつもりで仕掛けたのかはわからないが。

自分でも何がそんなに腹立つのか分からないけど、昨日のエンカウントがとても腹立たしかったので書いておく。

 

書き納め

今週のお題「2018年の抱負」

 

そろそろ2017年も終わるので、書き納めをしたいと思います。

って書くと、何やかんやで記事更新したりするんだよね。

 

来年の抱負、いろいろありますが、青色7号につきましては、

 

・1か月に1記事は中身のあるものを更新する

・3本は勝手に邪推コーナーを更新したい

欲をいうなら、もう少しまともな名前を付けたい

・1本、創作更新する

 

以上になります。更新頻度が今年の後半にかなり落ちてしまったのが反省点。

更新頻度が落ちればアクセス数は当然減るし、減ればリアクションがないのも当然。モチベも保てないわな、そりゃ。

 

というわけで、変わらずに購読してくださった皆様、ありがとうございます。

来年はもう少しこちらに顔を出しますので、よろしくお願いいたします。

かぶってんなぁ。

すげー目つき悪いのよ、わたし。
元々つり目で、挙げ句めんちきるのが生まれつき上手い。
お客(とはいえない輩)に「めんちきってんじゃねぇよ」と言われたので「はい?」とめんちきってみせたら目を逸らされて黙られました。

それはさておき、猫被ってブログ更新してんなぁ、わし、と思ったんだよね。

なんつーか、思ったことに何回かレイヤーかけて、文体を調整して。
ナナサンの中でブログとツイッターは別物なので、ツイッターの文体をここに持ち込んではいけないと思っている。
けども、猫被りすぎだろ、と思ったんだよ。

仕事くそだろ、っつーか、係くそだろ。
電車のダイヤ空きすぎだし、人間が群れるのとかマジでムリだしきもちわるいわ。
察しが悪い人間、トロい人間は一体何を見てるの頭の中綿でも詰まってんのかな。
うるせぇよ、視界からうるせぇよ。

っていう記事を更新してないよね、という話。
そういうことを思っても、こう別のことに主題を擦り付けてるわけ。
それは悪くないけど、今のテンションには気持ち悪くてね。

珍しいからそのまま更新する。

久しぶりにやります

ナナサンの勝手に邪推コーナー。

 

割とこのコーナーは思いついてからその場で一気に書き上げないといけないので、なかなか時間がとれる時でないと敢行できないのです。

 

さて、今日の邪推対象は……

スピッツの「魚」

 

言葉じゃなく続くリズムって、何でしょうね?

二人が出会う前から、そして出会った後も続くリズム。

鼓動ですね、心臓の。

 

繰り返す波の声、そして冷たい陽。

波は海にいるとしても、冷たい陽が気になります。本来なら暖かいはずの陽。

ふるえる肩を抱く、うん、冷たいからね。これは後述するとして。

どこにも戻らない。ここがポイント。

きっとまだ終わらないよ、と零す。

魚になれない魚。うまく適応できないというようにも読めますが、ここは邪推だからね。水に入っても泳げない状態とでも言っておきましょう。

そろそろ核心ついてしまうフレーズきますね。

皆さんは何か初めてのことで、何も知らないことに挑戦しなきゃいけない時、それも失敗は許されません、という時、どうします?

いろいろ調べますよね。どんな情報を頼りにしますか?

……体験談ではありませんか?

でもその中には本当じゃなくて創作だって含まれてるかもしれない。それでもすがるような気持ちで自分に都合のいい体験談を少しだけ読んでちょっと安心する、でも不安。そんな心理。

 

二人は、何を読んでいたのでしょう。

 

楽に死ぬことが出来るハウツーを読んでいたら?

いくつか調べた情報で心を落ち着かせながら実行した入水心中。やっぱりそう簡単に意識は飛ばないし苦しくてしょうがない。

 

冷たい陽、暖かい陽の光もここでは海水を通しているから冷たくてしょうがない。

魚になってしまおう、とこのプランを決めたけどさ、やっぱり俺らは人だったよ、苦しくてしょうがない。

あぁ、ここは僕らしかいない。海の中だ。隠された世界とつなぐ、海。

隠された世界とつながるのに、どこにも戻らない、変な話ですね。

よっぽど人がいない場所への逃避行か、それともあの世への片道切符か。

 

あぁ、だんだん沈んできたようだ、陽の光も鈍くなってきた。意識が薄くなってぼんやりして。錘になるよう、服の下に忍ばせたコンクリートのブロックも水が、陽の光を通した水が浸み込んでいるんだな。寒いな、とても寒いよ、肩を寄せ合った二人は沈んでいく。もう戻る場所など、ない。

 

こんなことする前に、もっと君と触れ合えたら。君といろんなことを教えあっていたらよかったのかもしれないね。でも、今ならさ、誰も邪魔しない。何も気兼ねすることなく肩を抱くことも、一緒に朽ちていくこともできる。きっと骨はどっちかどっちのか分からなくなってしまうね、いいじゃないか。

星砂って、とっても原始的な生き物の骨なんだって、知っていたかい?

 

 

以上です。こんな方向に邪推してみました。ナナサンガ邪推するとこういう結末にしかならないようです。お粗末様でした。